人事・賃金制度改定のお手伝い

株式会社
プロフェッショナルネットワーク

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1
相鉄・岩崎学園ビル3F

TEL:045-313-4833
FAX:045-313-4899

人事・賃金制度改定のお手伝い

私どもがお客さま企業のご要請に基づき、人事・賃金制度のコンサルティングをさせていただくにあたっては、各々の会社の現行の制度、その会社の置かれている状況、目指す方向などについて、その会社の経営トップ、人事責任者と十分に事前にお話を伺った上、その会社に最適な制度設計となるように心がけています。(これまでに14社実施・完了)

最終的なアウト・プットとなる人事・賃金制度は会社によってすべて異なります。それは、個々の会社の持つ企業文化、これまでの歴史、現行制度その他の前提条件が違っているので、当たり前のことと言えば当たり前のことになります。

また、私どもは新たな制度をつくること、そのことを目的とは考えていません。新しい制度づくりの過程で社員のものの考え方を変えてもらうことが最も重要と思っております。

コンサルティングの進め方については、概ね以下のようなステップをとります。

  • 現状把握調査(書面、社内各層へのインタビュー)
  • 現状把握調査報告および新制度の方向付け
  • 新人事・賃金制度全体像の構築
  • 基幹部分の設計 職務グレード(等級)基準づくり
  • 関連諸制度の整合性、移行措置、実施に向けてのサポート

事例

コンピテンシー評価と業務の体系

●お客さま企業

材料に関する分析、評価、解析を行う総合分析会社

●活動の背景

先端技術を製品化していくメーカーの激しい技術開発戦略に対応していくために、「分析分野でリードしていく高い専門性の習得」はもとより、将来に向けて「企業組織としての求心力の創出=高度能力集団をいかにマネージメントし、組織のアウトプットを高めていくこと」が大きな課題となった。

●コンサルティング方法

人事制度研究会を設置し、3ヶ月8回の論議を通して、人事評価軸と評価尺度(基準)の設計及び人事制度の整合確認のコンサルティングを実施した。

●実施のステップ

  • 業務体系(管理、研究、解析、実験、技術営業)のグループ討議
  • 専門スキルコンピテンシー案の作成
  • 専門スキルコンピテンシーディクショナリーの検討
  • 専門スキルコンピテンシーディクショナリーの最終調整
  • 人事制度の整合確認

●成果

コンピテンシーを洗い出すために業務体系を整理し、業務遂行のために必要な知識・行動を業務体系に折込み作成した。これにより、当社の人事評価制度の確立はもとより、業務体系を具体的行動レベルまで整理することを通じて管理者のマネジメントの要点も明確になり、更に業務を明文化することでOJTのツール、業務改善のツールにも活用可能となった。

業績と成長を実現するMBOの運営

●お客さま企業

材料に関する分析、評価、解析を行う総合分析会社

●活動の背景

生産改革の実を上げることを要請されている中で、MBOを一般層まで拡大することを機に、MBOの本来の意味である「企業の業績向上+(組織)人の成長」を実現させ、定着させるための新たなMBOの運営方式の確立をすることが課題となった。

●コンサルティング方法

管理者及び監督者の研修を開催し、MBOの現状把握、PDCAを回すこと、自部署のマネジメントシステムづくり、部下との目標設定面談ロールプレーイングなどを行ない、MBOによるマネジメントのあり方を体得する。

●MBOスケジュール

  • 目標設定 (3/中旬~4/上旬、9/中旬~10/上旬)
  • フィードバック面接 (4/中旬~下旬、10/中旬~下旬)
  • 進捗確認 (4/上旬~9/下旬、10/上旬~3/下旬)

●成果

各層の目標と方策を「行動レベル」までブレークダウンすることにより、目標の達成をより確実なものとし、そのプロセスを通じて社員が成長していく方法を実行している。とくに、定着した事業部では継続的な業績向上と人材の成長が実現できている。

ページの先頭へ戻る